Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サリー、海へいく

夏休みに犬のサリーが海へ行くと、いろんな出来事が・・・文は、1、2行で、大版の版画の絵がくっきりとして読み聞かせにもおすすめ。小さい人から。「サリー、山へいく」もあります。
サリー、海へいく サリー、海へいく
スティーヴン ヒューネック (2002/06)
ポプラ社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

新美 南吉童話集

今日、誕生日の新美南吉さん。「ごんぎつね」は教科書にも載り、いろいろな絵本が出ていますが、この童話集に新美南吉の世界が詰まっています。
新美南吉童話集 (ハルキ文庫) 新美南吉童話集 (ハルキ文庫)
新美 南吉 (2006/11)
角川春樹事務所

この商品の詳細を見る

こんな絵本に出会いたい

「らしさ」にとらわれずに、自分らしく生きている主人公の絵本や児童書を紹介。
社会的・文化的に形成された性差(ジェンダー)を、強調したりことさら区別することは、社会的な差別を助長したり、片方の少数の性を排除したり、DVDや深刻な人権侵害を引き起こす引き金となる。小さい頃から型にはまった絵本をみせられることは、「偏った人間像や固定した観念を植え込まれる刷り込み」に他ならない。だからこそ、小さい子どもに与える絵本は「ジェンダーに敏感な視点」で、選びたい(著者前書きより)1996年発行の^女が素敵な子どもの本」続編。
本書は、ひとが生まれてから、一生に出会うさまざまな問題を「ジェンダー」の視点で提起。
こんな絵本に出会いたい―自分らしく生きるには こんな絵本に出会いたい―自分らしく生きるには
木村 民子 (2006/11)
フェミックス

この商品の詳細を見る

花火

あちこちで花火大会が開かれていますが、小さい人向きの絵本で絵がすばらしいのはこれ。
ねこのはなびや (えほんあらかると) ねこのはなびや (えほんあらかると)
渡辺 有一 (2001/06)
フレーベル館

この商品の詳細を見る

小学生から大人には、長さんの絵が素晴しいこちら。
なんででんねん天満はん―天神祭 なんででんねん天満はん―天神祭
今江 祥智、長 新太 他 (2003/06)
童心社

この商品の詳細を見る

でも、本物を見るのが一番で、絵本は追体験にできるといいですね。

ビアトリクス・ポター

今日誕生日のポターさんの伝記。ピーター・ラビットの作者として有名であるが、水彩画家であり、牛と羊の飼育家であり、自然保護運動の先駆者であった彼女の、豊富な絵と資料が満載です。
ビアトリクス・ポター―描き、語り、田園をいつくしんだ人 ビアトリクス・ポター―描き、語り、田園をいつくしんだ人
ジュディ テイラー (2001/01)
福音館書店

この商品の詳細を見る

絵本カタログ

大人のための絵本誌Pookaで紹介された絵本をジャンル別に(いぬ、ねこ、かわいい、LOVE,旅、涙など)コラム掲載。絵本好きには見逃せません。これを見るとまた本が増えて・・・
絵本カタログ―Pooka Select (BOOKS POOKA) 絵本カタログ―Pooka Select (BOOKS POOKA)
Pooka編集部 (2007/06)
学習研究社

この商品の詳細を見る

はっぱじゃないよぼくがいる

今日、誕生日の姉崎さんの写真絵本。穴のあいた葉っぱがいろんな顔に見える・・・自然に親しむのにおすすめ。今年の課題図書です。
はっぱじゃないよぼくがいる (森をあるけば) はっぱじゃないよぼくがいる (森をあるけば)
姉崎 一馬 (2006/09)
アリス館

この商品の詳細を見る

はじめてのかり

今日、誕生日の吉田さんは、自然や動物を愛する心は幼いときから養わなければと制作されましたが、道半ばで逝去されました。リブリオ出版のHPに全巻の絵と解説が掲載されています。
ライオンの家族7巻、ゾウの家族5巻、草原のなかま5巻。物語が続いているので、夏休みなどに、図書館で借りてぜひ読んでください。大人にも読んでもらいたい 素晴しいドキュメンタリーのような絵本です。
はじめてのかり (絵本アフリカのどうぶつたち第1集・ライオンのかぞく) はじめてのかり (絵本アフリカのどうぶつたち第1集・ライオンのかぞく)
吉田 遠志 (2001/04)
リブリオ出版

この商品の詳細を見る

キツネの花よめいしょう

今日が誕生日の梶山さんの絵で、1982年初版の新装版。嫁にいく娘キツネのために、反物を盗ろうとする母キツネ・・・ほんとうに美しいものは・・  
キツネの花よめいしょう キツネの花よめいしょう
森 はな (2007/01/25)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

ジロがなく

小さい時に野良になった犬がカラスに育てられ、やがてボスになるが、昔、鳴いて、いじめられて以来、鳴かない犬になった。だが、子分のマダラが、男に撃たれようとしたとき、大きな声で鳴く・・1996年初版。大きい子には、予想できる展開だが、最後のオチもまた笑える
新装版  ジロがなく 新装版 ジロがなく
山下 ケンジ (2007/02/14)
講談社

この商品の詳細を見る

アントン・ベリーのながいたび

アントンという男の子が育てる竜ドラゴン・プーは大食らい。食べ物が無くなり、探しに旅に出る。スリル満点の冒険のファンタジー。出久根育さんの絵も、楽しい。 幼児から
アントン・ベリーのながいたび アントン・ベリーのながいたび
天沼 春樹 (2007/02)
鈴木出版

この商品の詳細を見る

どうぐはなくても

どうぐはなくても建てられる家は?「小鳥の巣」というわけで、カササギ、ツリスガラ、ツバメ、ウタツグミ、キツツキ、ワシの巣をつくるようすが、周りの自然を含め、素晴しい筆致で描かれています。
どうぐはなくても どうぐはなくても
田中 友子 (2007/04/12)
福音館書店

この商品の詳細を見る

おれがあいつであいつがおれで

今日、誕生日の山中恒さんのこの本は何度も映画化やドラマ化がされている、男女がいれかわってしまうお話。ぜひ、原作を読んで欲しい。
おれがあいつであいつがおれで おれがあいつであいつがおれで
山中 恒 (1998/07)
理論社

この商品の詳細を見る

文庫本も今年、出ました。
おれがあいつであいつがおれで おれがあいつであいつがおれで
山中 恒 (2007/05)
角川書店

この商品の詳細を見る

やぎとぎんのすず

今日、誕生日の小沢良吉さんの挿絵のルーマニアの昔話。いばらの中に、銀の鈴をおとしたやぎは、いばらをこらしめようと、ノコギリに頼むが・・・似たようなお話は世界中にあるけれど、結末がちょっと違う
やぎとぎんのすず―ルーマニアの昔話 やぎとぎんのすず―ルーマニアの昔話
八百板 洋子、小沢 良吉 他 (2006/07)
鈴木出版

この商品の詳細を見る

ベントリー・ビーバーのものがたり

1年位前、古本屋でふと手にとって買った本。大工になり、家族を持ち、木を愛し、歌を愛し、家族を愛したビーバーの一生を描いた絵童話。小版で絵も地味な感じだが、喜びを見出せるビーバーの生活に、幸せを感じました。この本が絵本作家のいとうひろしさんのお気に入りとは・・P62
ベントリー・ビーバーのものがたり ベントリー・ビーバーのものがたり
マージョリー・W. シャーマット、リリアン ホーバン 他 (1993/07)
のら書店

この商品の詳細を見る

かかし

ひとりぼっちの農夫がかかしをつくり、やがて話かけるようになった頃、若者が訪れ、仕事を手伝うようになる・・やがて・・・
「人間は一人では生きられない」小学中級から・・大人にこそ読んで欲しい絵本。
かかし かかし
シド・フライシュマン、ピーター・シス 他 (2007/04)
ゴブリン書房

この商品の詳細を見る

まほうつかいのでし

きのうの定例会でkeikoさんが読んでくれた絵本。ゲーテの詩が原作で、魔法使いの留守に魔法を使うが、止め方ができなくて・・・というお話。斉藤さんの絵は細部まで細かい描写です。
まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる
上田 真而子、斎藤 隆夫 他 (1995/08)
福音館書店

この商品の詳細を見る

同じお話の1969年の子ども音楽館のなかから改訂復刊された、柳原さんのすっきりとしたイラストもおすすめです。読み比べてみてください。
まほうつかいのでし まほうつかいのでし
大石 真 (2007/06)
学習研究社

この商品の詳細を見る

きょうはなんてうんがいいんだろう

宮西さんのファンのnobukoさんのおすすめ。おおかみのウルは、おひるね森でお昼寝中のたくさんのこぶたを見つけ、友達に知らせに行くが・・・ハッピー?な結末。
きょうはなんてうんがいいんだろう きょうはなんてうんがいいんだろう
宮西 達也 (1998/11)
鈴木出版

この商品の詳細を見る

やまこえのこえかわこえて

今日、誕生日のこいでやすこさんの絵本、きつねのきっこは、100枚の油揚げで・・・お話の展開が面白く、絵も可愛くて幼児におすすめです。
やまこえのこえかわこえて (こどものとも傑作集) やまこえのこえかわこえて (こどものとも傑作集)
こいで やすこ (2001/10)
福音館書店

この商品の詳細を見る

ふねにのったねこのヘンリー

ねこのヘンリーは、おとうさんと男の子の知らないうちに、ヨットに乗ってしまい・・嵐が近づき・・パパの危機を救ったヘンリー。絵も素晴しく、お話の展開にわくわくするおすすめ絵本です。
ふねにのったねこのヘンリー ふねにのったねこのヘンリー
メリー・カルホーン、エリック・イングラハム 他 (2007/02)
リブリオ出版

この商品の詳細を見る

人食いとらのおんがえし

imikoさんのおすすめ。松谷みよ子さんの韓国の昔話絵本の1冊。口の中に刺さったモノを抜いてもらったトラの恩返し。若者に、何度も恩を返し、最後はちょっと悲しいけれど、長野さんの力強い絵は遠目が聞き、読み聞かせに向いています。
人食いとらのおんがえし 人食いとらのおんがえし
松谷 みよ子 (2007/04)
佼成出版社

この商品の詳細を見る

巨男(おおおとこ)の話

1929年に新美南吉さんが制作した童話に、津田さんが絵を描きました。
やさしい巨男の母は魔女で、道に迷っった姫を白鳥に変えてしまう。母の死後、巨男は、白鳥を連れ、都に出るが、巨男を恐れた王達は、大理石の塔を建てる難題を言いつけ・・白鳥を人間に戻そうと巨男は・・
新美さんの世界が、新たに絵本としてよみがえりました。小学生から大人までにおすすめします。
巨男(おおおとこ)の話 (絵本・新美南吉の世界) 巨男(おおおとこ)の話 (絵本・新美南吉の世界)
津田 真帆、新美 南吉 他 (2005/03)
大日本図書

この商品の詳細を見る

山と海と川と

太田大八さんの絵がすばらしいこのお話も、異性を意識し始める小学中学年からどうでしょう?
山と川と海と―サチとユウタの物語 山と川と海と―サチとユウタの物語
森山 京、太田 大八 他 (2005/11)
小峰書店

この商品の詳細を見る

いすがにげた

今日は児童文学作家の森山京さんの誕生日。沢山の作品にいろんな画家だ絵を描いています。Mさんのおすすめは、逃げ出した椅子をどこまでも追いかけるおばあさんの絵本。ナンセンスだけどあたたかい結末。
いすがにげた いすがにげた
森山 京、スズキ コージ 他 (2005/08)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

いちごつみ

今日誕生日の平山英三さんの絵、神沢利子さんのこの絵本。2004年再刊。女の子がいちごをつみに行き、出会った大きなくまさんを家に招くが・・・くまさんがとってもくまらしい。「ぽとんぽとんはなんのおと」も同じコンビ。平山さん作の「おにぎり」(平山和子さん絵)も小さな人から、上の年齢まで使える絵本です。
いちごつみ いちごつみ
神沢 利子、平山 英三 他 (2004/05)
童心社

この商品の詳細を見る

おにぎり おにぎり
平山 英三、平山 和子 他 (1992/09)
福音館書店

この商品の詳細を見る

星の銀貨 鉄のハンス

語るためのグリム童話シリーズ。まだ2巻ありました。今月発売です。
グリム童話は、まだまだ知らない面白い話が沢山あります。ぜひ大人にも読んで欲しい。そして、出来たら読んであげて欲しい。更に、ひとつでも覚えて語ってあげたいと思いました。
星の銀貨 (語るためのグリム童話) 星の銀貨 (語るためのグリム童話)
ヤーコプ・ルードヴィヒ・グリム、ヴィルヘルム・カール・グリム 他 (2007/07/06)
小峰書店

この商品の詳細を見る

鉄のハンス (語るためのグリム童話) 鉄のハンス (語るためのグリム童話)
ヤーコプ・ルードヴィヒ・グリム、ヴィルヘルム・カール・グリム 他 (2007/07/06)
小峰書店

この商品の詳細を見る

子どもの本 2006年

2006年に出版された絵本、フィクション、ノンフィクション、ヤングアダルト、紙芝居、マンガを紹介。その中からおすすめ200選掲載。表紙のカラー写真とページ数、内容、解説等も有、新刊の動向を知りたい方におすすめです。表紙の絵は五味太郎さんのイラストです。
子どもの本 2006年―この1年を振り返って おすすめの本200選 (2006) 子どもの本 2006年―この1年を振り返って おすすめの本200選 (2006)
NPO図書館の学校 (2007/06)
リブリオ出版

この商品の詳細を見る

たなばたさま

おり姫とひこ星の伝説ではない中国の兄妹の物語の「たなばたさま」今年復刊です。滝平さんの切り絵が、物語の悲しさをいっそう引き立たせています。
たなばたさま たなばたさま
住井 すゑ (2007/02/21)
ブッキング

この商品の詳細を見る

地雷ではなく花をください

今日、誕生日の葉さんの静謐な透明感あふれる絵本。
サニーのおねがい 地雷ではなく花をください サニーのおねがい 地雷ではなく花をください
柳瀬 房子、葉 祥明 他 (1996/09)
自由國民社

この商品の詳細を見る


ヨンイのビニールがさ

ヨンイは韓国の小学生の女の子。雨の降る朝、道端で雨に濡れる物乞いのおじいさんを見かけます。1980年代の韓国の詩に、繊細な絵が、女の子の気持ちを描き出しています。その頃、ビニールがさは今のように安価に手に入るものではありませんでした。
ヨンイのビニールがさ ヨンイのビニールがさ
ユン ドンジェ、キム ジェホン 他 (2006/05/31)
岩崎書店

この商品の詳細を見る

Appendix

プロフィール

茨城町おはなしの会しらゆきひめ

Author:茨城町おはなしの会しらゆきひめ
茨城町で活動しているおはなしの会です。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。