Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すきですゴリラ

父の日に送る絵本。ゴリラの大好きな女の子。父親を思う女の子の気持ちと、その存在を強く感じさせる絵本です。A・ブラウンさんらしいかくし絵も楽しみですが、なんか胸がきゅんとなりました。

すきですゴリラ (あかねせかいの本 (12))すきですゴリラ (あかねせかいの本 (12))
(1985/12)
アントニー・ブラウン山下 明生

商品詳細を見る
スポンサーサイト

おじいちゃんのはたけ

フランスのジャンヌ・ブベール作。おじいちゃんと孫娘の家庭菜園づくりの1年の様子が、明るいイラストで描かれています。1.2行の説明文と地下のジャガイモなどの様子もわかる描き方で、植物の成長の様子がわかり、収穫の喜びを感じ取れます。子どもといっしょに見て楽しむ絵本。興味がわいたら実際に自然に触れさせてあげたいですね。 1993年初版 冨山房出版



てじな

幼児絵本といいますが、時間が余った時のお楽しみ絵本として常備しています。手品はできないけれど、「あんどらいんどら~うんどら」と唱えると、次のページであら不思議のしかけ絵本(穴があいている)です。大きい子でも、仕掛けに感心する鮮やかな色のイラストが、くっきりと遠目がききます。

てじな (幼児絵本シリーズ)てじな (幼児絵本シリーズ)
(2007/05)
土屋 富士夫

商品詳細を見る

ぼくの絵本わたしの絵本

03年に編者達が石井桃子さんにお会いして、子どもの本についてのお話をしたことがきっかけで、生まれた0歳から6歳までの絵本ガイド。
 石井先生や編者達が、「子どもの鑑識力」の確かさに信頼をよせ、子ども自身が選ぶために、良書をぜひそばに揃え、自由に選ばせたい、そして手渡すには、子どもの成長に合ったものを選ぶのが大切」といっています。厳選された絵本は、ロングセラーで、子どもの心に深い喜びをもたらすものばかりです。これを子どもに出会わせてあげるのは、周囲の大人の役目ですね。町図書館にあります。

「ぼくの絵本わたしの絵本」石川道子・平田恵美子・湯沢朱美編/著 プランニング遊07年11月発行

おんぶはこりごり

母の日におくるこの絵本。母親の気持ちを代弁してますね?ママにこそ読んであげたい本。
随所にブラウンさんのだまし?絵も楽しめます。原書はかなり前なのにあいかわらずママにおんぶ?それとも今はママの方が強いのかな?
おんぶはこりごりおんぶはこりごり
(2005/03)
アンソニー ブラウン

商品詳細を見る

Appendix

プロフィール

茨城町おはなしの会しらゆきひめ

Author:茨城町おはなしの会しらゆきひめ
茨城町で活動しているおはなしの会です。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。