Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくとおおはしくん

なつやすみ 一つ年上のおおはしくんにであう。かめをさがしたり きちをつくったりとにかく リーダーシップの かっこいいおおはしくん かめにぼくのなまえもかいてくれた。二人の関係がどんどん深まってゆく。講談社絵本新人賞受賞作 過去にはあきやまただしさん、かがくいひろしさん・・・yo
ぼくと おおはしくん (講談社の創作絵本)ぼくと おおはしくん (講談社の創作絵本)
(2011/04/15)
くせ さなえ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ともだちやもんな、ぼくら

ラジオたいそうのかえり ともだちとカブトムシをみつけ きにのぼってとった。「こらあっ!なにを やっとるか!!」とカミナリじいさんのこえ・・・一番ににげだしたヒデトシだがこけてしまった。マナブとぼくは ヒデトシをおいこし走った うしろもみずに しばらくまったが ヒデトシはこなかった。yo
ともだちやもんな、ぼくらともだちやもんな、ぼくら
(2011/05)
くすのき しげのり

商品詳細を見る

子どもの育ちを支える絵本

『身近な大人が読み聞かせてくれる「絵本」は、「お話をしてもらう喜び」を与えてくれ、「生きる力」の基盤になる。読み手の大人も、ともに心を動かす「お話を共有する」体験がある。また、五感を使って自然に触れながらの実体験の少なくなった現代の子どもの「体験の不足」を補うことにもなる』と、著者。若いお母さんのための指針となる本です。詠み聞かせをしている方にはわきまえておくべき基本の絵本ですね?iti
 1.散歩をしよう
 2.おなかのすくくらし
 3.安心と冒険と
の3章にわけて、力のある定番を紹介しています。 絵本選びと読み聞かせのための「コラム」も参考になります。
子どもの育ちを支える絵本子どもの育ちを支える絵本
(2011/05/26)
脇 明子

商品詳細を見る

いのちのことば

今年90歳になる佐藤初女さんは、津軽の岩木山のふもとの<森のイスキア>で、全国からやってくる悩みを抱えた人や迷える人を迎え入れ、そっと寄り添い『命のおむすび』で癒して下さっている方です。「食は命、食は生き方、日々の生活の大切さ」繰り返し語られた137の言葉は、今を生きる悩み多き私たちへの「心の道しるべ」となるでしょう。iti
いのちのことば 心の道しるべ137言いのちのことば 心の道しるべ137言
(2011/05/24)
佐藤 初女

商品詳細を見る

Appendix

プロフィール

茨城町おはなしの会しらゆきひめ

Author:茨城町おはなしの会しらゆきひめ
茨城町で活動しているおはなしの会です。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。