Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の絵本

keikoさん、yasukoさんのお薦め。こんなに美しい地球の自然・一日の移り変わり・・・詩人と画家の黄金コンビの絵本、手元におきたい一冊です。
空の絵本 (講談社の創作絵本)空の絵本 (講談社の創作絵本)
(2011/10/12)
長田 弘、荒井 良二 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

風切る翼

風切る翼風切る翼
(2002/09/09)
木村 裕一、黒田 征太郎 他

商品詳細を見る


中学生に読んでみました。読みながら泣きそうになりました。何か感じ取ってくれたかな…。

イジめられてる人は、全てが敵だと思ってしまう。でも、きっと味方はいると思う。苛められてる人、苛めに仕方なく加担せざるをえない人。色々思うところはあるけど、この物語に出てくる、カララのように勇気を出して欲しいなっ!

中学生までイジめられてたけど、今は幸せなnaoのつぶやきでした。

原発が許されない理由

科学者として京都大学原子炉実験所で、原子力を研究している小出さん。「未来のエネルギーの可能性を信じたのに、人間にコントロールできない恐ろしい危険性と深刻な放射線被害、過疎地への建設等の実態を知って、40年間、反原発の立場で、いかに原発をやめることができるか を研究してきた。それなのに、311が起ってしまった。原発を無くす事が出来なかったことを、10代以下の子ども達に謝らなくてはならない。汚染された世界に生きていくために、真実を知ってもらいたい とこの本を書きました」
 「原発を運転すれば、自然界に存在しない危険な核廃棄物「死の灰」が溜まり続け、数百万年かけても消滅しない毒性を、そんな先まで安全に管理できるのでしょうか?そして、地震の巣の上に54基もの原発が立っていますが、地震が起れば、いつフクシマの二の舞になるかわかりません。原爆の被害者が低線量被爆の危険性を教えてくれています。 今の子ども達、未来の人達にこの日本と地球をどのようにバトンタッチするか真剣に考えて欲しい。今ならまだ間に合うと信じて」と!
子どもだけでなく、大人にこそ読んでもらいたい 今、切実に必要とされる本です。

子どもたちに伝えたい―― 原発が許されない理由子どもたちに伝えたい―― 原発が許されない理由
(2011/09/22)
小出 裕章

商品詳細を見る

カワセミ

皆さんは、本物のカワセミを見たことがありますか?私は、幸運にも、先月始め、若宮川の鳴沢付近で、偶然見かけました。それで、カワセミの事を知りたくなって、この写真絵本を見つけました。
 この著者の嶋田さんは、子どものころにはカワセミを見たことがなく、大学3年の時に見て以来、カワセミの写真が撮りたいと目標を持ち、写真家になった方です。そして、自分で工夫した装置で、水中での魚を取る瞬間の写真を撮ることができました。その成果は必見です。小学校中学年~ 読み聞かせにも。iti
カワセミ―青い鳥見つけた (日本の野鳥)カワセミ―青い鳥見つけた (日本の野鳥)
(2008/11)
嶋田 忠

商品詳細を見る

Appendix

プロフィール

茨城町おはなしの会しらゆきひめ

Author:茨城町おはなしの会しらゆきひめ
茨城町で活動しているおはなしの会です。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。