Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名もなきものの力

バブル期の日本の惨状に耐えかねて、70歳でイタリアのアレッツォへ移住されたり、常に新しい対象を追い求め、一貫して美を追求されてきた堀文子さんが、雑誌「サライ」に連載されたものに加筆。『風景はその国の人々の思想であり、自然を取捨選択し、その国の人々が作り上げた作品と思う。・・・イタリアの風景には思想がある。下品さが無い』との言に、日本国中どこにも、バイパス道路沿いには同じような量販店、チェーン店、下品な色彩と形の建物に、「我が意を得たり」と深く頷いたものです。便利さ、経済性等を追い求めた末に捨て去ってきてしまった豊な日本の風景(まだ今なら間に合うでしょうか?)『言葉はその民族の思想であり、文化・言葉遣いを厳しく教えるのは老人の務めだった・・・』等の言葉に背筋が伸びます。格調高い画とともにご覧下さい。iti
堀文子画文集 命といふもの第3集 名もなきものの力 (サライ・ブックス)堀文子画文集 命といふもの第3集 名もなきものの力 (サライ・ブックス)
(2012/04/10)
堀 文子

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

茨城町おはなしの会しらゆきひめ

Author:茨城町おはなしの会しらゆきひめ
茨城町で活動しているおはなしの会です。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。