Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ココ・マッカリーナのしみこむしみこむ えほん

今、大人にも絵本をっていうのは、癒されたい大人が多いせい?いいえ大人にも絵本のよさがわかってきたということでしょうか。
ところで、絵本って、1冊1500円位するから、高くてなかなか買えないと思っていた。でも、絵本のことを深く知るにつれ、「作家や画家や編集者の手により長いことかかって作られた本を、この値段で買えるのは本当はなんて幸せなんだろう」って思うようになった。
絵本はベストセラーのようにたくさん売れるものではないし、一回の出版部数は少ないから、すぐに品切れになってしまう。子どもの好きなものはもちろん、自分が気に入った絵本があったらぜひ手元に残しておいて欲しい。また、絶版にならぬように、すぐれた絵本を買い支えて欲しいと思う。
ところで、きょうは、絵本の紹介本。主婦の友の雑貨カタログで絵本を紹介していた中島京子さんの19編のエッセイで紹介する絵本等、絵本作家(山田詩子、吉田稔美、メグホソキ、工藤ノリコ、立本通子)へのインタビュー、専門店も掲載。
ココ・マッカリーナのしみこむしみこむえほん ココ・マッカリーナのしみこむしみこむえほん
中島 京子 (2005/09)
主婦の友社

この商品の詳細を見る

この中から、私も買ってしまった本は、猫好きにはたまらない猫のイラスト集
カッチェン―ウンゲラーのねこワールド カッチェン―ウンゲラーのねこワールド
トミ ウンゲラー (2004/03)
BL出版

この商品の詳細を見る

犬好きなら、字はないのに、デッサンが物語るこの本
アンジュール―ある犬の物語 アンジュール―ある犬の物語
ガブリエル バンサン (1986/05)
ブックローン出版

この商品の詳細を見る

これも、ジローとぼくが入れ替わってしまうお話で、私のお気に入り。
ジローとぼく ジローとぼく
大島 妙子 (1999/07)
偕成社

この商品の詳細を見る

シルヴァスタインの足りないかけらを探して歩く「ぼくを探しに」
ぼくを探しに ぼくを探しに
シェル・シルヴァスタイン、倉橋 由美子 他 (1979/04)
講談社

この商品の詳細を見る

あな(谷川俊太郎文 和田誠絵)
ゼラルダと人喰い鬼」(トミー・ウンゲラー)
コーネリアス(レオ・レオニ)などなど、沢山載ってます。
忙しくても絵本なら短時間で読めるし、哲学的なものもあるし、絵も素晴しいものはあるし、長い文章ではあらわせないものを瞬時に絵が物語るものもあって、本当に奥が深い。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

茨城町おはなしの会しらゆきひめ

Author:茨城町おはなしの会しらゆきひめ
茨城町で活動しているおはなしの会です。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。